歯医者の最新無痛治療やデンタルケアを解説するサイト

>

最新無痛治療を過去の比較でより詳細に解説

痛くない、最新治療事例の紹介

歯医者さんが「痛い」「怖い」「面倒くさい」というイメージが長らくあったのは、治療法が現代ほど進化していなかったという、ある意味仕方のない事情がありました。
虫歯などは、一昔前までは「削るという行為」を伴うもので、しかも痛みを抑えるための「麻酔」自体が、非常に痛いという本末転倒なものであり、治療が終わった後も、歯をゴリゴリ削った痛み、麻酔針を刺した後の、麻酔が切れた後の痛みが襲ってくるものでした。
しかし現代は、「笑気麻酔」と言って、専用のガスをマスクで吸引することで、少しボンヤリした状態でリラックスして治療が受けられますし、しかも保険適用なので2000円程度のプラスで受けられます。
また、ドリルではなくレーザーを用いた虫歯治療で痛みを劇的に軽減し、削る治療もできるだけ削らない技術が発展しています。

最新治療事例についてさらに補足

先の項でも挙げましたが、「麻酔」、特に患部へ直接麻酔針を刺すことを「湿潤麻酔」と呼ぶのですが、これは針を指すこと自体が痛く、嫌がる人がとても多いものでした。
しかし現代の麻酔針は、非常に細く、更に、針を生産する過程での針先の作成方法にも工夫が施され、過去に麻酔で痛い思いをした人からすればびっくりするほど痛くない麻酔を打ってもらうことができる時代となっています。
また、麻酔についても、針を刺す前に、表面に更に別の麻酔を塗布することで、歯茎の感覚を麻痺させて針を刺す痛みを軽減させたりするなどの方法もあり、麻酔針を刺すこと自体にも、さまざまな工夫や進化が現れたことで、痛みについては昔よりも心配が少なくなってきたと言えるのです。


この記事をシェアする

トップへ