歯医者の最新無痛治療やデンタルケアを解説するサイト

>

セルフデンタルケアの解説や補足

オーラルケアの基本を知っていこう

先の項について、もう少し補足させていただきます。
痛くない治療をしてくれる歯医者を選ぶコツですが、まずそういう治療をしてくれる歯医者は「無痛治療」を積極的に推進して、公式サイトや事前の説明でもそれを丁寧に教えてくれます。
そういったことを踏まえて、痛くない歯医者さんを選ぶときは、「無痛治療の設備が整っているか」「歯科医の腕は良いか」「事前説明や衛生管理はしっかりしているか」「口コミの評判は良いか」などを基準にして選ぶと良いでしょう。
そして歯医者選びにもつながってきますが、「予防歯科」という、歯磨きの仕方や歯周病予防などの指導を積極的に行っているかについても、良い歯医者さんを選ぶコツです。
オーラルケアや予防については自宅でもできますが、基本はこまめな歯磨き、そして歯磨きも細かくゆっくり、歯一本ごとに丁寧に行うことが大事です。

入れ歯についての補足情報

8020運動というスローガンがあるように、歳を重ねても歯を健康に保つことが理想ですが、歯が抜けてしまったり、あるいは怪我や病気などで歯を抜かざるを得なくなったりした場合、入れ歯に頼ることになります。
よく知られている金属で周囲の歯に固定する形の入れ歯は、保険適用なのですが、周囲の歯や歯茎を傷める原因となる上に、痛みや違和感もあります。
特殊な素材や周囲の歯茎に被せるようなタイプの入れ歯は、見た目にもほとんど違和感がなく、しっかりハマる上に耐久性も高いのですが、保険適用外の場合があります。
値段と性能が比例していると言える入れ歯ですが、まずはしっかりと、歯並びやあごの大きさ、形などをお医者さんに診断してもらうことが大切です。


この記事をシェアする

トップへ